ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

【メイク】あなたは何色のチークが似合う?肌色相性チェック♡

   


チークの色

メイクの色選びの中でも、特に難しいのが「チーク」の選び方です。
流行や色のイメージだけで選んでしまうと、違和感が出て失敗することがあります。

チークにはたくさんの色があって、選ぶのに迷っちゃいますね。
チークを選ぶ時は自分の顔色となりたい雰囲気によって選びましょう!

「イエローベース」と「ブルーベース」

チークの色はとても沢山あるように見えますが、実はたった2つの色グループに分類することが出来るのです。
その基準が「青み(が強いか)」か「黄み(が強いか)」なのです。

イエローベースにおすすめの色は、肌に馴染みやすい黄み寄りのカラーです。

ジェルピンク、コーラルピンク、オレンジレッド、サーモンピンク、アプリコット、レッドパプリカなど

ブルーベースにおすすめの色は、透明感を演出しやすい青み寄りのカラーです。

スモーキーピンク、ローズピンク、ウォーターメロン、ピンクベージュ、マゼンタ、ブルーレッドなど

★ピンク系

肌が白い人が使うと透明感がアップして、よりかわいらしい印象になります。小麦色の肌にはあまりなじみません。
日本人は黄味が強い肌色の人が多いので、あまり濃いピンクのリークを入れると、やり過ぎた印象になってしまうので注意しましょう。

かわいらしさや甘い印象を与えます。

★コーラル系

ナチュラルな発色で肌になじみやすく、色白の人から小麦色の肌の人まで万能に使えます。
少し強めに入れても違和感がありません。

コーラルとは「珊瑚」という意味を持ち、ピンクとオレンジの中間のような色のことをいいます。

★ベージュ系

どんな肌の人にも合います。
ベージュ系のチークはナチュラルな立体感と引き締め効果があるので、小顔に見せることができます。

シックで落ち着いた色味は知的さを感じさせます。

★ローズ系

肌が暗めの人におすすめです。
パウダーチークよりクリームチークでツヤ感があるものを選ぶときれいに発色します。

エレガントなムードを演出します。濃い色なので発色があまりよくありません。

★オレンジ系

小麦色の肌の人によく合います。
ピンクのチークを使うとき発色が強過ぎたら、手の甲でオレンジを少し混ぜることで、落ち着いた色味になります。

ビタミンカラーのオレンジは、元気で明るい活発な印象に。

 - Uncategorized

ガウクルア通販