ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

むしろ運動した方がいい。実は生理痛が軽くなる方法

   


「生理中はダメ」って言われてたけど…

生理痛があるときも症状がそれほど強くなければ、軽い運動をしても構いません。むしろ、体を動かすことで、痛みが緩和されることもあります

血行が良くなったりストレス解消できたりとメリットもたくさんあるのです。生理の間は体のためというより心のリフレッシュをするために行うようにしてくださいね

お風呂よりシャワーの方がいいって思ってた

生理中は湯船に入ってはいけないと思っている人が多いかもしれませんが、清潔なお湯であれば入っても大丈夫です

温かいお風呂に入ることで、腹部や筋肉をリラックスさせることができます。また、何よりも気持ちを和らげる効果があります

温めることが大切なので、入浴はシャワーだけでなくぬるめのお湯でゆったり浸かるようにしましょう

うつぶせで寝たらお腹を圧迫しそう…

うつ伏せになるとお腹が圧迫されるんじゃ、と思うかもしれませんが自分の体の重みは不必要な圧迫はありません

適度な圧迫がかかることで腹部のマッサージ効果が得られ、生理痛が和らぐことがあると言われています

普段通りに仰向けになってしまうと生理での痛みはひどく感じてしまうことが多い

体をうつ伏せの状態にすると(ただし首は横に向ける)、呼吸が楽になって深く眠れたり、背部にある太い血管や神経への圧力が軽減されて、腰回りの血行がよくなったりするといわれています

湯たんぽを抱えたりクッションを抱えるようにすると、より効果的だとも言われているので、生理痛がひどくて眠れないという時には何かを抱えて丸くなる寝方をおすすめします

「生理痛にいい」って言われてたことがNGなことも

生理痛緩和のために豆乳を摂取している女性の中には、逆に体調が悪くなった、生理痛がつらくなった、という人もいます

女性ホルモンのエストロゲンに似ているために、過剰摂取することによってホルモンバランスを崩してしまう場合もある

1日の豆乳摂取量の目安は300ml程度とされていますので、それを超えての摂取は控えてください

おすすめとしては、起床後の朝に1杯と、就寝前に1杯飲むと良いでしょう。過剰摂取は良くないため、1日に2杯程度にしておきましょう

 - Uncategorized

ガウクルア通販