ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

毎日飲むだけ!白湯ダイエットの効果と簡単なやり方

   


白湯とは?

白湯(さゆ)とは、沸騰させた水を冷ましたものである。

白湯ダイエットに最適な水の温度は50℃ぐらいと言われている。

常温の水ではなく、人肌よりも少し温かい白湯を飲むことで様々なダイエット効果を得ることができる。

白湯ダイエットとは?

白湯ダイエットとは、簡単に言うと1日に決まった量の冷ましたお湯を飲むだけの簡単なダイエットなのです。簡単ですが、これが本当に驚きの効果があります。そもそもインドの伝統医学であるアーユルベーダや東洋医学でも水を飲むことよりは、白湯を飲むことが推奨されているのです。

白湯と水の違いは

白湯と水の大きな違いには、水道水に含まれている不純物が含まれているのかどうかが大きく違うところです。

水道水には塩素や、トリハロメタン水銀などが含まれており、これを沸騰させて白湯にすることで身体により優しい飲み物としてダイエットに繋がるのです。

白湯ダイエットを実践している芸能人は多い!

湯ダイエットは今でも多くの芸能人やモデルが実践している。

例えば、

ベッキー
松本潤
江角マキコ
深田恭子
山本モナ
といった有名人が白湯ダイエットを実践している。

深田恭子や山本モナは白湯ダイエットを実践して5キロ痩せた!という体験談が雑誌などで取り上げられている。

また、ベッキーは夏でも白湯を水筒に入れて持ち運んでおり、いつでも白湯を飲めるよう徹底されている。

白湯を飲むことで胃腸の働きが活発になるので、夏バテ防止にも白湯ダイエットは効果的だ。

白湯ダイエットの効果

・便秘解消に効果絶大

白湯を飲むと全身の血のめぐりがよくなり、内臓の動きも活発になります。

白湯の殺菌作用により体内の毒素を排出してくれるので、便秘解消に効果があると言われています。

頑固な便秘が治り、すっきりしたお腹で快適に過ごすことができるようになります。

・基礎代謝が上がる(痩せやすくなる)

白湯ダイエットの最大のメリットとは、脂肪を燃焼しやすい体質にすることができる!というものだ。

白湯を飲むことで代謝が良くなり、基礎体温も上がってくる。

基礎体温が上がると、

体脂肪が減る
冷え性の改善
低体温による吐き気や頭痛の改善
といった効果がある。

ちなみに、体温が1℃上昇するだけで代謝は12%もアップする。

一般的な食事制限などのダイエット方法は、食べる量が元に戻るとすぐにリバウンドしてしまう。

ところが、白湯ダイエットは、基礎体温、基礎代謝量を上げてくれる効果があるので、リバウンドすることなく、自然と脂肪を燃焼しやすい体質に改善することができる。

・ニキビや吹き出物を防ぐ美容効果

白湯による、老廃物や毒素を排出する効果は、むくみの解消だけに役立つわけではなく、美容に効果があります。
というのも、よくお肌にできるニキビや吹き出物は、体に老廃物や毒素がたまることで起こるともいわれているため、白湯を飲んで老廃物や毒素を排出できれば、ニキビや吹き出物ができるのを予防できます。
さらには、白湯を飲んで代謝が上がればお肌も元気になり、化粧品を使った時の美容効果も上がるんですよ。

・デトックス効果

内蔵の温度が上がると、胃腸の働きも活性化されるため胃の消化機能や腸の動きがアップします。

これにより便秘の解消や宿便の排出を促すデトックス効果が期待できます。

・冷え症が改善

血液の流れがよくなると冷え症は改善されます。手袋や靴下を重ねて履いても手足が温かくならないのは、体の内側が冷えているから。白湯を飲んで体の中から温めるようにしましょう。

正しい白湯の作り方

白湯の作り方は簡単で、やかんにお水を入れて10分ほど沸騰させた後、50~60℃になるまで冷ますだけです。

しかし、この10分の沸騰というのはアーユルヴェーダからきており、日本に比べて衛生状態がよいとは言えないインドのお水と日本の管理された水道水を比べたら、日本の水道水で白湯を作る場合は1~2分程度の沸騰で構わないと言っている方もいらっしゃいます。

また、最初から火を使わずマグカップにお水を入れてレンジで1分半チンして出来上がり、としている場合もあるようです。

正しい白湯の飲み方

やけどしない程度の温度まで冷ましてから飲みます。

自分の体が冷えていると感じたら熱めのものを、ほてっていると感じたらぬるめのものを飲みましょう。ただし、冷やし過ぎはNGです。だいたい50度程度まで冷やしたら飲むようにしてください。

飲むときは、ズズズ…とすするようにして飲みます。これを5~10分かけて飲みましょう。

1杯150cc程度、1日800mlを目安に飲みましょう。飲み過ぎると腸内の必要な栄養まで洗い流してしまうため、注意してください。

飲むタイミング

基本的に朝昼夜の3回に分けて飲みます。朝は沸かしたての白湯をコップに入れて飲み、昼と夜は保温用ポットにうつしておいたものを飲みます。

朝・・・朝ご飯を食べる前に飲みます。その際、必ず歯磨きをするなどして口内の汚れ(特に舌苔)を取り除いておきましょう。

昼&夜・・・食事をしながら飲みます。ごはんやおかずの合間に飲むことで消化がよくなります。

注意点

そんな万能な白湯、ついついたくさん飲んでより大きな効果を得ようと思ってしまうものですが、ここで注意点も。

実は1日に700~800mlの摂取が目安なんです。

飲み過ぎると必要な栄養まで吸収される前に流れたり、逆に水分が溜め込まれてむくみに繋がってしまうこともありますよ。

 - Uncategorized

ガウクルア通販