ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

アラサー女子に蔓延する「第二の思春期」がヤバイ

   


実はアラサーあるあるな「第二の思春期」

20代後半から30代後半の女性が多いのですが、この年齢のころは、誰もがさまざまなことについて思い悩んでしまいます

その悩み多き状態を指して、良くも悪くも(どっちかっていうとネガティブな意味で)「アラサ―は第二の思春期」と呼ぶ人がいる

この世代は特に悩みが多くて・・・

彼氏が居なかったら「結婚出来ないかも」と焦り、居たら居たで「この人でわたしはいいんだろうか」と悩み

産んでもないのに産んだ後のキャリアに悩み、産んだら産んだでまた悩む

恋愛も仕事も大変なのに、実家に帰れば「まだ結婚しないの?」という一言にグサリと傷つく

20代のころは新入社員の延長だったのに、いつの間にか職場では自分が最年長なっていて、仕事も生活も、自分の立ち位置に悩んでいる

働いてたら働いてたらで「ずっとこのままこの仕事を続けるんだろうか」と悩み、引退したら引退したで焦りや退屈を覚える

結婚、出産の問題が現実味を帯びてくるし、ハッキリと老化現象も現れてくる

これ選択肢が多すぎるのが原因とか

選択の自由があり過ぎるのです。選択肢がなければ悩みません。ところが、あれもいい、これもいいと悩む人が多いです

生きる環境の変わり目で人は一番悩むのだと思います。なので、結婚、出産、家庭、ということが問題として直面してくる30代で女性は悩む

でも、大丈夫。1つずつ着実に

これはどの年齢にも言えることだと思ってるのだけど、「悩み多き多感なタイミング」こそ、感性を磨ける時

10代の第1思春期を過ぎると気が楽になったように、20代後半の第2思春期を過ぎて30歳超えると楽になります。「もう、なるようになれ!」と開き直れます

 - Uncategorized

ガウクルア通販