ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

生理痛で鎮痛剤飲むのって普通じゃないらしい!

   


生理痛ってお母さんもお姉さんも 友達も みんなあるし、あって普通だし、”生理痛だから”と思って安心してたけど。。。どうも病気が隠れていることもあるらしい!!!

”普通は生理がくるたびに鎮痛剤を飲んだりしない!?”

生理のたびに鎮痛剤を飲んでいたり、夜用ナプキンを昼間1時間ごとに取り換えるような時は、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気かもしれない。。。内膜症から不妊症になることも!

10人に1人の女性が発症する子宮内膜症は放っておくと不妊症の原因になる!?

子宮内膜症で卵巣や卵管に癒着(ゆちゃく)が起きると、スムーズな排卵ができなくなり不妊を招きやすくなってしまうのです。

子宮内膜症の原因は生理!?

子宮内膜症が女性ホルモン(エストロゲン)と密接な関係にあります。子宮の内側をおおう内膜は、受精卵が着床するところ、いわば赤ちゃんが育つベッド。妊娠に備えて内膜は増殖し、受精卵の着床がなければまたはがれ落ちるということを周期的に繰り返しています。これをコントロールしているのが、エストロゲンなどの女性ホルモンです。そして、はがれ落ちた組織や血液は腟から外に排泄されます。これが、月経です。
 子宮内膜症は、この子宮内膜とよく似た組織が子宮以外の場所でエストロゲンの働きによって増殖と剥離を繰り返す病気です。

しかも、子宮内膜症は子宮の外、卵巣、腹膜や腸管の外側、肺など子宮以外のところにも病巣ができる。卵巣にできると生理のたびに血液が卵巣にたまってチョコレートのようなドロドロの液体がたまるチョコレート嚢腫(のうしゅ)となって、これは卵巣がんの原因にもなります。

"生理のたびに鎮痛剤を飲む"、"生理の量が多い"という人は、まずセルフチェックを。心配なひとは迷わず婦人科を受診してみて!

そうは言っても婦人科に行くのはイヤだな。。。と思っている人お多いはず。
でも、行ってみると意外になんともないところです。女医さんのクリニックもあるし、女性ばかりなので、女性のからだの事は何でも相談できる、心配なことは共感もらえる、なんでも話せます。

はじめて婦人科を受診するひとはチェックしてみて~

女医さんのいるクリニックも探せますよ~

 - Uncategorized

ガウクルア通販