ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

あなたはお姉さんそれとも?まわりから『おばさん』だなぁ・・・と思われる人の特徴

   


まわりからおばさん認定される人の特徴とは!?

●若い女性に嫉妬する

若い女性に嫉妬心をもち始めたらあなたはもうおばさんなのかもしれません。

おばさん化した女性は、自分よりも若く綺麗な女性を見ると、嫉妬心が湧くようです。

職場などで新人が入ってくると、敵対心を持ち優しくしません。
無意識の状態で、自分よりも若く男性にちやほやしてもらえる女性を見ると、嫌な気持ちになります。
自分にない部分を持っていて、羨ましいという気持ちが嫉妬心になるようです。

若い女の子がちやほやされるのは仕方ありません。暖かい目で見てあげるのが大人女子の余裕というものです。

●態度が大きくなる

おばさんはまわりからなにを思われようが全く気になりません。
恥じらいがなくなったらおばさんなんです。

若い女性は、どんなことでも恥じらいを感じるものです。
初めての体験は、顔を赤らめて照れることもあります。
相手に対する思いやりの表現を使ったりもするものですが、おばさんは違います。
相手のことを考えるよりも、自分が思ったことをすぐに口走ることがあります。
言われた人は傷つくようなことでも、あまり考えずに言うことがあるのです。

人は年を追うごとに神経が図太くなっていくもの。小さな事をいちいち気にしていられません。しかし、男性の前では多少カマトトぶった方が得策なのかもしれませんね。

●妙に流行語を使う

流行語は諸刃の剣です。
知っていてもあえて使わない方が良いかもしれません。

「明るくていつも元気な職場のアラサー上司。
綺麗な人だと思うのだけど、TVで流行っているような流行語をすぐ使うのには辟易。『あげぽよ』とか言ってるのを見ると、一生懸命若いフリをしているんだな……と感じて、切ない気持ちになる」(29歳・広告会社)

一般的に社会人にもなれば、若者といえどTVで流行っている流行語なんて使っていません。必死に流行を追う姿は、歳をごまかそうとしているように見えて、逆に年齢を感じさせてしまうようです。

●香水の匂いがキツい

ほのかな香りが漂う女性は素敵です。しかしつけすぎには注意

加齢臭対策のためにやっちゃってるかもしれません。でも、これってギャルにも言えません? ギラギラのギャルとおばさん。相反するものなれど、メイクの濃さは一緒かもしれません……

オバサンの香水って、どうしてあんなにも強い香りを放つのでしょう?おねえさんだったら、「ほのかに香るいい匂い」程度なのに、オバサンだと一気にキツくなるんですよね。本人に自覚がなくとも、加齢臭を消さねばという本能から、つい多めに付け過ぎているのであろうと想定されます。オバサン化したくなければ、香水は「ちょっと少ないかも」と思う程度でちょうど良いのです。

●実年齢を即答できない

「おいくつですか?」に対して、サラリと実年齢を答えるのがおねえさんです。実年齢よりも若々しいからこそ、堂々と年齢を明かせるのでしょう。

対しておばさんは、何が何でも年齢を隠そうと、挙動不審になります。「なんでそんなこと聞くんですか?」「年齢なんてどうでもいいじゃないですか?」と、質問返し。自分の実年齢に引け目を感じている表れでしょう。年齢に引け目を感じている時点で、すでにオバサンです。

20代のオバサンもいれば、50代のおねえさんだっています。

棺桶に入るその瞬間まで、おねえさんでいられるよう、精進しましょう。

 - Uncategorized

ガウクルア通販