ガールズトレンド

女の子の興味のあるトレンド情報をお届け

【ピルの服用率が低すぎる日本】 身体と心を傷つける前に知ってほしいこと。

   


ピルってご存知ですか?

ピルは、「避妊」目的、
または、「副作用効果」目的の2つの場合に使用される薬です。
今回は、主に「避妊」目的のピルの服用についてお話していきます。

ピルを飲むことによって、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たようにして排卵を抑制します

ピルを飲むことで、妊娠している状態に近くなるので、排卵をしなくなります。そのため、避妊の効果があるのです。

服用率の低い日本、他の国々では?

2013年度、国連の人口統計によると…

日本1%
フランス41%
ドイツ37%
イギリス28%

アメリカに在学中の際、パートナーとコンドームで避妊は行っていたものの、
学校内のヘルスケアセンターの医師には強くピルの服用を勧められました。
「ピルと比べると、コンドームは確実ではない。」

また、アメリカの女子学生の多くがピルを服用しているのも珍しいことではありませんでした。

何故?日本のピル服用率が低い理由は?

ピルの承認が遅かったことだ。我が国で低用量ピルが承認されたのは1999年。アメリカに遅れること25年。

ピルを入手するのに、処方箋が必要なことだ。多くの先進国では、ピルはドラッグストアでも入手できる。

服用を忘れないようにピルを机の上においていたところ、同僚の男性医師から「コンドームを人目につくところに置いているようなものだ」という抗議があったという。

このように、日本は、他の先進諸国よりも「ピルの普及が遅かった」こと、
そして、「ピルの服用に処方箋が必要」であることが大きく関わっていることがわかります。

さらに、ピル服用に対しての意識が低い日本では、
「偏見」があります。この「偏見」が、ピル服用率を下げるさらなる原因といえます。

ピル服用は、女性の身体と心を守る1つの方法です。

ピル避妊失敗率……約0.1~0.8%
男性用コンドーム避妊失敗率……約3~15%

大幅にパーセンテージが異なることがわかります。
そして、コンドームが必ずしも避妊できるものではないことがわかるのではないでしょうか。

私個人の見解ですが、最近10代~20代前半の学生などの人工中絶が増えています。

妊娠・中絶のリスク、すなわち心と体が傷つくのを防ぐことができます。

ピルの服用を始める方。-どうやって手に入れるの?ー

日本でピルを手に入れるには、医師の処方せんが必要です。産婦人科(婦人科)や一部の内科などを受診して、医師に処方せんを発行してもらいましょう。

ピルの服用を始める方。-費用はどのくらい?-

ピル自体は1か月分(1シート)、2000円~3000円程で買うことができます。

ピルの服用を始める方。-飲み方は?-

ピルは、毎日同じ時間に飲みます。朝9時に飲む方は、次の日も朝の9時ごろに飲んでください。

 - Uncategorized

ガウクルア通販